Subbacultcha

「サブカルチャー」という括りの下、文学・芸術・漫画・映画等について述べます。

2011年5月30日月曜日

芸術とそうでないモノ『かっこいい自転車』



概念の定義は難しい。

例えば生、例えば死。
愛とか希望とか夢とか絶望とか勇気とか哲学とか読書とか神とか悪魔とかまどかとか
其れそのモノに触れる事が出来なくとも、この世に山ほど存在する「概念」。

様々な時代の、様々な人が色んな定義を残し、色んな本を遺しているというのに、
一向にそれぞれの概念について論じる事が止む気配はありません。

僕が思うに、
全ての概念は結局の所自分で「あっ、なるほど」と納得するまで
論じる当人にとっては定義付けられないものなんじゃないかと。
各々の血肉に、真理になるまで、概念は其処ら辺をフワフワと浮かび続けるのです。

そんな概念の内の一つ、
「芸術」とは何じゃらホイ、とある実例を通して考えてみようかと思います。

2011年5月11日水曜日

僕と共犯者に成りませんか?『ラフォーレ原宿:ヘンリー・ダーガー展』

僕の敬愛する、世界最大の作家・画家の一人、ヘンリー・ダーガー。 彼の作品が来日する機会に、何とか参加出来ました。

2011年5月7日土曜日

現実を揺らす現実感『リアリティー』



ゴールデンウィークという事で、全国各地で様々な催し物があったかと思います。
僕の居る京都でも様々な祭りやら市やらがありました。
で、トリペルというカフェで行われていた古本フェスで、僕が見つけたのがこの漫画。