Subbacultcha

「サブカルチャー」という括りの下、文学・芸術・漫画・映画等について述べます。

2017年5月23日火曜日

オガツカヅオ「こくりまくり」


オガツカヅオ「こくりまくり」

怖さ:☆
造型:☆
状況:☆☆☆

Nemuki+ Vol.13。

不気味な扉絵とは裏腹に始まる、ラブコメ。
小学生男子・名倉くんは、学年一イケイケな木目米さんに告白をされる。が、断る。名倉くんは言う。
「俺の好きなタイプは 霊の見える子だ」

名倉くんの無茶苦茶な発言が、現在に影響を及ぼしたことで、イケイケな木目米さんが扉絵と接続します。
木目米さんは、如何な成長を遂げたのか。
それに名倉くんはどんなリアクションをするのか。

と長ったらしく説明しておりますが、その間4ページ。
グルグルと目まぐるしく展開する「ラブコメ」ですが、括弧を付けたことで、ん?と思われた方は正解で、オガツ先生がわざわざフツーのラブコメを描かれる訳なんてないのです。
そして、わざわざ「1日1ホラー」なんてここに書いているということは、つまり、なんですね。
そしてそして、今読み返して思ったのですが、「ワンダと巨像」のキャッチコピーなんですよ、この物語は。

「最後の一撃は、せつない。」

最初の一撃で扉絵の意味を知り、二撃目でラブを知り、三撃目で漫画のジャンルは変貌し、ラストの4撃目でようやくタイトルの意味が分かり、読者は切なさに身を包まれることでしょう。

「エクストリームマンガ学園」にこの作品を招致した劇画狼さんのセンス、流石だと思います。…まぁオガツベスト作品は「かえるのうた」だと思うけどね!!

あと余談ですが、アングレーム漫画祭に伊藤潤二先生が招待され、そのレポ漫画が今号に掲載。おそらく小品ということもあって、おそらく単行本には載らんのでは、と思われます。



0 件のコメント:

コメントを投稿