Subbacultcha

「サブカルチャー」という括りの下、文学・芸術・漫画・映画等について述べます。

2016年12月5日月曜日

羽生生純『千九人童子ノ件』




羽生生純『千九人童子ノ件』
怖さ:☆☆☆
造型:☆☆☆
状況:☆☆☆



☆満点作品です!

漫画家・搬入機材(主人公の名前です)は、連載中の漫画を打ち切られ、あてもなく実家に帰ってきた。
が、結婚し家族で暮らす弟も含めた実家に既に彼の居場所は無く、居辛さもあって出掛けた「千人塚」、そこで一人の少女と出会う。

「変な人間」が作り出す、「変な状況」をとにかく作り出しまくる、羽生生さんの伝奇ホラー。
常々、ホラーとギャグは紙一重、と思っているのですが、とかく羽生生さんのキャラクターは、ギャグ的存在でありながら、前のめり過ぎて「怖い」。

「何をするか分からない」キャラクターを巧みに作り出す羽生生さんが、「何が起こるか、何が起きているか分からない」状況を巧みに作れない訳がない、「分からない」→「怖い」。

初っ端から、職・拠り所を無くした主人公が、段階的に、更に居場所を無くしていくのも恐ろしいのですが、平行してどんどん訳の分からない状況に追い込まれていくのが、ともかく怖い。

伝奇ホラー?モンスターホラー?サスペンス?神話的恐怖?
…最後まで読んでも、いや、最後まで読んで羽生生さんのあとがき「らしきもの」を読んでも、その物語の正体は分からない。

俺は何を読んだのか?
何を読まされたのか?
何人?何件?

千九人童子ノ、件。




0 件のコメント:

コメントを投稿